本サイトは髄膜炎菌感染症の啓発を目的として一般の方を対象としております。

どんな人が感染しやすいの?
集団感染例

集団感染例

学校や寮、大規模なイベントなど、
たくさんの人が集まるところで感染が起こりやすくなります。

髄膜炎菌は咳やくしゃみで感染するため、学校や寮、大規模なイベントなど、たくさんの人が集まったり共同生活をするところで感染が起こりやすくなります。感染がわかった後は、保健所・病院へ速やかに連絡して状況を伝えて、患者さん自身の治療を急ぐだけでなく、患者さんのまわりの人たちへのワクチン接種、抗菌薬の予防投与を行うことにより、さらなる感染の拡大を防ぐ必要があります。
日本国内で実際に起こった集団感染には、次のような例があります。

関連ページ:学校の寮・合宿など集団生活を始める方へ

最終更新日:2018年7月3日

「よくわかる髄膜炎菌」のサイト外へ出ます。